認知症患者の接する態度など、認知症問題を解決する方法

問題視される認知症問題

我が国日本は、長寿世界一を誇りますが、それと同時に、
来る未来の高齢化社会に対し、重大な問題を抱えています。
高齢者の人口の急増に伴い認知症患者数も増加するということです。
現在、認知症の高齢者は、300万人を優に超えており、約10年後は…

認知症疾患の原因とされる一番の疾患は脳血管性認知症です。
続き、アルツハイマー病、頭部外傷後遺症、前頭側頭葉変性症となります。
1位の原因となるものは、普段の生活態度や食生活で防ぐこともできます。
他に、まめに検査を受け早期発見により進行を軽減したりもできます。
知らずに、放置しておくと、どんどん記憶は薄れていきます。
高齢化の認知症の問題としては、一人暮らしの高齢者により、深刻になっています。
夫婦でいても片方が亡くなれば1人です。
子がいない、一緒に住んでいない、身寄りのない、誰も見てもらう方のいない高齢者は、
認知症であっても気が付きにくく気がつくと進行していたとなります。
特別養護老人ホームなどの福祉施設は大体が満員で、待ちの状態のようです。
一時的に、病院などに入って、ある程度回復しても、身寄りがないので行くところがなく
入院を余儀なくされる方もいるようです。
中には、福祉施設などを転々としている内に、認知症の進行に気が付いておらず、
散歩に出かけて、帰る道が解らずそのまま路上生活をはじめた方もいるようです。
こういった高齢者が増えているのも事実です。
もし、保護されたとしても、自分が誰なのか、住所も、年齢もわからない状態なので、
家族がいても探しようがないのが現実です。
捜索願が出ていれば、いいんでしょうが1人暮らしだと出す方もいないので困ったものです。
ですから、深刻な問題となってくるのです。
もしも、自分の老後を見てもらう方がいない方は、そうなる前の手立てが必要になっていきます。
認知症 原因は、まだハッキリとは解明されていませんが、
早く、根治できる治療薬が開発されるといいですね。

認知症解決への道Vgientertainment.comのヘッドライン速報